resetfloat
TOP >> 作品紹介 >> 右手和子さん永眠
resetfloat

『悟空の大冒険』で悟空の声を務めた右手和子(うて・かずこ)さんが、
11月17日に脳梗塞のため逝去されました。84歳でした。

右手さんは紙芝居の実演・研究家として知られ、1985年には第24回
高橋五山賞・特別賞(紙芝居の最高の賞)を受賞されています。
紙芝居の公演や実演指導で全国各地を回る他、テレビ・ラジオ番組に
出演するなど、多彩な活動をしていました。

『悟空の大冒険』では、元気いっぱい、茶目っ気たっぷりの悟空を演じ、
キャラクターの新たな可能性を切り開きました。
わくわくするような、見事な声の表現力は、必聴です。

子どもたちの心を豊かにする活動を支え続けた氏のご冥福を、
社員一同心よりお祈り申し上げます。

2012年1月28日の10:30からお別れ会が執り行われるそうです。
場所は、東京都千代田区六番町15の主婦会館です。
詳細・ご連絡先は子どもの文化研究所まで

resetfloat
resetfloat