resetfloat
TOP >> 作品紹介 >> ピース・アニメ「つるにのって とも子の冒険」について
resetfloat

つるにのって とも子の冒険

平和のためのアニメーション「つるにのって とも子の冒険」。

この作品製作のきっかけは、戦後生まれの女性のある経験からでした。
そのお話しを、簡単にですがご紹介したいと思います。

彼女は大学卒業後に渡仏し、あるフランス人男性とご結婚されました。
そして2人の子どものお母さんとなったある日、預かった隣人の少年が「原爆ごっこ」を始めたのを目の当りにしたのです。
模型飛行機を片手に「今度は原子爆弾を投下だ!」。

彼女は震える手で写真集『被爆の記録』を取り、少年に原爆がどういう結果をもたらしたかを説明しました。
幼い頃に父の話や本から感じた戦争や原爆への思いを、不安から心の奥に閉じ込めていた彼女は、その出来事にすっかり打ちのめされます。

女性の名前はミホ・シボさん。
その後、このアニメーション製作の運動をした「ピース・アニメの会」他、様々な形で原爆の実相を伝える活動をなさっている女性です。

 作品紹介はこちらからどうぞ
 サンプル映像はこちらからどうぞ(YouTube)

ピースアニメ「つるにのって とも子の冒険」DVD販売



resetfloat
resetfloat