resetfloat
TOP >> 作品紹介 >> NAGASAKI・1945 アンゼラスの鐘 長崎 原爆 ピース・アニメ ナガサキ
resetfloat
/sys/wp-content/themes/mushi3/images/works-single/anzeras2.png

NAGASAKI・1945 アンゼラスの鐘

 NAGASAKI 1945・ANGELUS BELL

 

「原爆の悲劇は長崎で終わりにする」

被爆60周年平和祈念作品・2007年ニューヨーク国連本部上映作品
文部科学省選定・児童福祉文化賞推薦作品・日本原水爆被害者団体協議会推薦他

resetfloat

作品解説

被爆した長崎浦上第一病院で働いていた医師・秋月辰一郎氏の著書を参考文献として制作された長編作品。
2007年10月25日には日本政府国連代表部、国連軍縮部、NGO軍縮の共催でニューヨークの国連内での上映が実現しました。
多くの資料のもと視覚的にリアルに再現された原爆投下の様子は、戦争・死・放射能の恐怖と共に「平和の尊さ」と「核兵器の廃絶」を強く訴えます。 俳優の小林桂樹さんがナレーターとして参加他、筑紫哲也さん・吉永小百合さんなど多くの賛同・支援により完成した作品。

ストーリー

1945年8月9日、爆心地から1.4キロ離れた病院で働く青年医師・秋月辰一郎は自ら被爆しながらも必死の治療を続ける。
爆心地から同心円状に死者が拡大していく恐怖とこれまで経験したことのない無残な症状、 科学者としての秋月は核弾頭が使用されたことを確信するがなすすべもなく…。
苦悩から生まれた人類愛への目覚め、そして再生へと向かう40日間。
美しいアンゼラスの鐘が時を告げた浦上天主堂近くの浦上第一病院で起こった真実の物語。

作品情報

製作:「NAGASAKI・1945 アンゼラスの鐘」製作委員会
原作:秋月辰一郎「長崎原爆記」「死の同心円」
脚本・監督:有原誠治
80分 2005年9月公開 ビスタサイズ
お問合せは関西プロデュースセンター(075‐581‐0066)
東京上映実行委員会(03‐3232‐7867)へ
作品専用サイトはこちら

声優・主題歌

小林桂樹・伊藤健太郎・大川慶子・山口勝平・浜田賢二・矢崎文也・谷川俊・磯辺万沙子・松熊明子・小山武宏・柳沢三千代

resetfloat

 >作品紹介TOPへもどる

resetfloat
resetfloat