resetfloat
TOP >> 作品紹介 >> マヤの一生
resetfloat

/sys/wp-content/themes/mushi3/images/works-single/maya2.png

マヤの一生

 THE LIFE OF THE LITTLE DOG

椋鳩十文学不朽の名作

平和を築く力を伝えたい
マヤの鳴き声が、耳の底によみがえる

resetfloat

作品解説

監督は「ハチ公物語」「遠き落日」の神山征二郎氏。同氏の念願により、椋鳩十氏原作の「マヤの一生」を映画化。
原作は昭和45年に発表された椋文学の改心作の一つであり、児童文学の財産といわれる不朽の名作。今も小学校教科書の副読本になっている。
椋氏の実体験をもとになっており、戦後25年を経てようやくこの物語が書かれたことに、その悲しみの深さがうかがわれる。

ストーリー

熊野の山奥で生まれたその子犬は、汽車に揺られ久保家にやってきました。

マヤと名付けられ子犬は、泣き虫の次郎と一番の仲良しに。子猫のぺルやニワトリのピピとともに育っていきます。
同じころ、日本はアメリカやイギリスと戦争を始め、物が不足し始めて久保家でもお粥しか食べられない日々へと変わっていきます。
いつも腹ペコのマヤに、次郎は自分の食べ物をあげていました。
冬が近づいたある日、「人間の食べ物がないのに、犬に食べ物をやるのはぜいたく」とマヤを殺すように命令がきて…。

作品情報

原作:椋鳩十 監督:神山征二郎
70分 1996年 スタンダードサイズ
お問合せは埼玉映画文化協会へ

声優・主題歌

篠田三郎・伊藤留奈・近藤高子・池上麻里子・紗ゆり
笹岡繁蔵・田原アルノ・林玉緒・椿基之・平林尚三・田中康郎

resetfloat

 >作品紹介TOPへもどる

resetfloat
resetfloat