resetfloat
TOP >> 作品紹介 >> せんぼんまつばら 川と生きる少年たち
resetfloat
/sys/wp-content/themes/mushi3/images/works-single/senbon2.png

せんぼんまつばら ~川と生きる少年たち

 A LOT OF PINE WOOD

先人たちの努力と思いを、全身で感じる

宝暦治水と薩摩武士、そして少年たちの物語
水と日本人とのかかわりを描く映像ドラマ
芸術文化振興基金助成作品

resetfloat

作品解説

豊かな水をたたえる木曽・長良・揖斐の三川が接する岐阜県。美しい松の木が立ち並ぶ「千本松原」です。
この三川は昔たびたび氾濫をおこして村々を襲い田畑や家を呑みこみました。農民たちは輪中という土手を築いて洪水から身を守っていました。
宝暦三年、幕府は困難な治水事業を薩摩藩の労力・経費で遂行するよう薩摩藩島津家に命じます。一年半後に完成した工事は「宝暦治水」として後の世にも語り継がれる事となりました。工事の中で最も困難だった「油島締切堤」を描いたのが、この「せんぼんまつばら」です。
監督はTVアニメ「キャプテン」の出崎哲氏、名優・森繁久彌氏がオープニングの「昔がたり」を務めています。

ストーリー

宝暦三年。高須輪中瀬古村(現在の岐阜県・海津町)では、思いがけぬ雨が続き、油島の堤を切って浸水が起こる。農民の子、与吉は父に「なぜ油島の川を堰き止めてくれと将軍様にお願いせんのじゃ」と叫んでいた。
今度は北端の堤が切れそうになり、与吉は大人たちに交じって助け人足にでる。水防の作業が進むうち反対の岸の堤が切れ高須輪中の側の水が引くが、長老の孫・幸助はその洪水で家族を全て無くす。
翌年の春、大がかりな治水工事が始まり、与吉と幸助は勇んで工事に出かけていくが…。

作品情報

原作:岸武雄 「千本松原」
脚本:今泉俊昭 監督:出崎哲
90分 1992年7月公開 ビスタサイズ

声優・主題歌

森繁久彌・佐々木望・島田敏・増岡弘・有馬瑞香・矢島昌子
【主題歌】『LOVE…緑のやさしさの中で』
作曲・編曲:日吉真澄

resetfloat

 >作品紹介TOPへもどる

resetfloat
resetfloat