resetfloat
TOP >> 作品紹介 >> えっちゃんのせんそう
resetfloat
/sys/wp-content/themes/mushi3/images/works-single/ecchan2.png

えっちゃんのせんそう

 THE WAR OF THE GIRL

いのちと平和、10万人が作った映画

どの教科書にも載っていない。少女の見た「戦争」の真実。
「いつも平和がそばにある時代」だからこそ
知ってほしい
「いつも戦争しかなかった時代」のお話。

resetfloat

作品解説

満州・ハルビンからの引き上げ体験をもとに書かれた、児童文学者・岸川悦子さん原作のアニメーション。平和と子どもたちの明るい未来を願う10万人の協力・出資により映画作りが進められました。
20世紀の負の遺産を子供たちの未来に繋げてはならない。幸せな未来は大人の手で守らなければなりません。そのために子供たちに伝えられることは…。この作品にはそんな願いが込められています。

ストーリー

1945年1月、中国・ハルビン。
日本は14年間もの戦争を続け、当時満州と呼ばれた現在の中国東北地方には、日本から多くの人が移り住んでいました。
日本からやって来たえっちゃんの夢は「早くお母さんになって、子どもを20人生んで兵隊さんにする」こと。まだ戦争の恐ろしさも、その意味もわからない小さなえっちゃんの大きな夢でした。
8月15日。日本が戦争に負けたのを境に、差別されていた中国の人々は、今までの怒りやつらさを日本人にぶつけるようになり…。この時から、えっちゃんたちの日本へ引き揚げるまでの悲しい運命が始まります。

作品情報

製作:「えっちゃんのせんそう」製作委員会
原作:岸川 悦子「えっちゃんのせんそう」
監督:有原誠治 脚本:山本洋子
80分 2002年1月公開 スタンダードサイズ
お問合せは有限会社インディーズ

声優・主題歌

高山みなみ・坂本千夏・田原アルノ・佐々木優子・坂口大助
津村まこと・間宮くるみ・柳沢三千代・伊藤栄次

resetfloat

 >作品紹介TOPへもどる

resetfloat
resetfloat